月寒懐古録
北海道では珍しく軍都として栄えた歴史を持ち,今も幾つかの戦争遺産が残る月寒史の探求を行う、非常にコアで自己満足系のブログでございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

兵隊の行進

昨日は広島の原爆記念日でした。今年は官僚の失言が世論に火を付けて、当人が責任を取って辞任した後も尚、尾を引いてるようです。
被爆に苦しみ訴えてきた人 被爆の事実を言えずに苦しんできた人 日本がどーしたとかアメリカがどーした…というコトとは関係なく、問答無用で戦争も核兵器もあってはならないんですね。

下の写真は1920年代の札幌駅前通り。奥に見える建物が駅舎です。



こうしてみると改めて、本当に戦争ってあったんだなぁ…と感じます。
沿道の市民に見守られながら行進する兵隊さん… おびただしい数です。
隊列の横を馬に乗った士官がガードしてます。
この隊列の行き先はやはり、月寒なんでしょうね…



【photo:札幌写真ライブラリー】
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

nalio

Author:nalio
純潔の日本人でありながら欧米系の顔をしていたため、幼少から外国人の子供に見間違われる毎日で、近所の子供達からつけられたあだ名が「キューピー」。当時キューピーと言えば、西洋の子供像をイメージする代表的なキャラクターだったんですね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。