月寒懐古録
北海道では珍しく軍都として栄えた歴史を持ち,今も幾つかの戦争遺産が残る月寒史の探求を行う、非常にコアで自己満足系のブログでございます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロ月寒中央通商店街

200608191448000.jpg

つきさっぷ郷土資料館所蔵

30年代初め、月寒中央通り6丁目の商店街風景です。「ナショナル蛍光灯」のカラー看板が掲げられている電気屋さんと「石丸時計店」。そしてなんとも引き立っているのがオレンジと赤のカラーリングが鮮やかなトラックですね。ドアに三菱マークが書かれていますが、電気屋さんのものでしょう。しかもこのトラック。ホワイトリボンタイヤが真新しい感じがします。新車でしょうかね?
この商店街には、写真の時代から今も尚営業されているお店もあるので、石丸時計店さんも・・?と思いネットサーフィンをしてみると、同名の時計店を発見!ただし・・九州だったんです。
月寒で開業をしてから、なんらかの理由で九州に・・という勝手な妄想を膨らませた物好きな私は(笑)、さっそく石丸時計店さんにメールを送ってみた のですが・・・
                 無関係でした(笑)


ですがこの写真の風景・・。ホント大好きです。たまりません。
これが後の「弾丸道路」と呼ばれる程に交通量の激しい国道36号線だなんて、想像しがたい程の雰囲気ですよね?
つきさっぷ郷土資料館にはまだまだ商店街の写真があります。まだ舗装もされていない国道を悠々と歩く人や馬など、近日中に伺って写真を撮らせて頂こうと思います♪


九州の石丸時計店さん。大変お忙しい中にも関らず親切な対応をして下さり、本当にありがとうございました♪






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

nalio

Author:nalio
純潔の日本人でありながら欧米系の顔をしていたため、幼少から外国人の子供に見間違われる毎日で、近所の子供達からつけられたあだ名が「キューピー」。当時キューピーと言えば、西洋の子供像をイメージする代表的なキャラクターだったんですね。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。